So-net無料ブログ作成

久しぶりの聖母短大 [福祉]

先週は熱でダウンしたので
久しぶりの聖母短大での「養護原理」でした。
(祝日などの関係でまだ3回目の講義です)
今日は乳児院、児童養護施設、母子生活施設の
ビデオを見たりしたのですが
そのビデオが良かったとの感想が多いのは
学生の入りやすい講義で良かったのかもしれませんが
話では引きつけられない自分の課題を
指摘されたようで、いつも考え込んでしまいます。
(でも来週もビデオ使いますが)
講義が終わって、児童養護施設で就職したい
という学生さんの話を聞いたり。
話が盛り上がっているところで
館内にいる学生は帰るようにとの放送。
やっぱりどの短大でも19時前には閉まるんやなと
妙に納得。


2006年度の入試がはじまりました。 [福祉]

ということで今日と明日と入試です。
早くも来年度の匂いを感じながら
せっせと入試業務に追われていました。
と言っても拘束時間は多いですが
実働時間は少ないので(特に今日は)
たまっている書類づくりや原稿書きやらで
うまく時間を使うことができました。
しかし明日は一日ハードな入試業務っす。


養護原理小テスト1 [福祉]

ということで今日は小テストをしました。
学祭前で集中していなかったのか
今のところの採点状況では、ちょっと・・・という感じです。
6割取れなかった学生は再学習がんばってくださいね。
さて明日はいよいよ次年度の入試がスタートです。
ホント時が流れるのは早い!


出張などの書類が山積み [日記]

相方から今月の給料をおろしてきてと
渡されたメモと銀行の残高を見ると
5万円ぐらいマイナス。
それもそのはず。
9月から出張や研究費の書類出せてないもんな。
かなり立て替えをしているのでね。
今週中に書類を思っていましたけど
今週は風邪でダウンして結局作るヒマなし。
来週も学祭に追われて難しいかな。


児童養護施設で働く卒業生 [福祉]

週末は岡山国体を見に行ったのですが
強化日程で身体を壊して
月曜日から熱風邪でダウンしています。
やっと今日から職場復帰したわけですが
今日は京都の舞鶴で働いているゼミの卒業生が
研究室に遊びに来ました。
児童養護施設で働いていることもあり
話に花が咲きました。
(就職課が取材に来たりなどの事件もあったり)
話をしていて、やっぱり子どもの一言に
救われたり元気をもらえるということが
何よりの力になるそうです。
そんな卒業生のがんばっている話を聞いて
こちらも元気をもらえました。
来週は学祭でわくわくフェスタもあるので
風邪なんかふっとばさんとね!


養護原理 第4回 [講義・演習]

今日もビデオを使って、情緒面・行動面に課題のある子どものための施設を学びました。
どんどん新しい施設が出てきますが、その名前や目的をしっかりと押さえておいてね。
ではさっそく講義についての意見、感想、質問から

●講義についての意見、感想
 ・Cちゃんは他の人がいる時はいじめられないように、自分を怖い存在にしてガードしているように思えた。他人に心を許せてないのだと思う。
 ・夫婦小舎制は良い制度だと思ったけど、自分が夫婦で住み込みできるかと言われると難しいと思います。
 ・情緒障碍はどこからどこまでだろうかと思いました。自分もいろいろ不安を感じる方なので。
 ・助産施設が1年しか使えないのが大変だと思いました。乳児院は母親と一緒に入所できないので、母子生活支援施設に入れるといいのにと思います。
 ・非行少年の多くが被虐待児であるのは驚いたが、自分の犯した罪は償うべきではないだろうか。
 ・ビデオはわかりやすいけど、利用者さんがどう暮らしているかはわからない。プライバシーの問題があるのだなと思う。

●講義についての質問
 ・パワーポイントが見えにくいので何とかして欲しい。
 ・「障害」と「障碍」の違いって何ですか
 ・施設数が教科書では19や17と書いてますがどちらが正しいのでしょうか。
 ・私語が気になって集中しにくい時があります。
 ・先生の働いていたところは児童自立支援施設ですか?

なるほどと思う意見が多いですね。出産、乳児などの支援で意見があるように、各施設は法律に基づいている以上
それ以上の支援を行うことは難しいので、どう連携するかが大切になります。
非行少年についての意見ももっともなのかもしれませんが
我々、養護(保育)に関わる仕事は子どもを裁くことではないので
そこのところは理解しておいてくださいね。
質問についてですが、現在座席指定なので見えにくい人、目が悪い人は
個別に言いに来てください。前の席が遅刻者用にあいているのでそこの席とチェンジします。
「障碍」については時間のある時にお話します。
施設数は常に変動しています。教科書はあくまで書かれた時の資料に基づいている事を覚えておいてください。
私語はこれからも注意していきます。
あと幸重が働いていたのは児童養護施設です。

続いて、今日の演習はみなさん気になっている「試し行動」について考えてもらいました。

●演習「試し行動は嫌われているのではない」
 Q.あなたは他人に対してどんな時に「試し行動」をしていますか?

 ・何かを頼む時に「~して」じゃなくて「~してくれへんよんなぁ」と頼む。
 ・試し行動をしている時、相手がどう反応しているかを見て、これから自分はその相手にどんな対応すれば良いかを知るためにする。
 ・初対面の人とはじめてしゃべった第一印象の影響が大きい。
 ・冗談を言って笑ってくれるかどうかで愛想の良さを判断する。
 ・キライと言ってみたりウソをついてみたり。その人と仲良くなってもやっているかも。
 ・自分から話して途中で黙ったらどんな反応するのかを見る。
 ・自分にとってその人と仲良くなれるかを試すのに「試し行動」をしている。
 ・あえて積極的に話しかけて、相手のリアクションを試す。
 ・控えめな態度から相手を観察。徐々に自分を出す。
 ・つきあっている彼女に自分からメールを送らずに待つ。
 ・授業の時でもどんな先生か見ていると思う。無意識にやけど。
 ・親や友達が機嫌悪いかどうか試す時にする。
 ・短大に入ったころは新しく出来た友達に「この人はこの話してもいいかな」など考えながらしゃべっていた。
 ・学校が変わるごとに友達をつくる時にしてきたことが試し行動なのかもしれない。
 ・高校の時、怖い先生の時はみんな静かだった。怒らない先生の時はおしゃべりしていた。これも試し行動だと思います。
 ・自分が笑顔の時に笑顔が返ってくるかで試す。
 ・一人でコンビニに行った時に誰がついてきてくれるか。
 ・バイト先で最初のころにネコをかぶっていたのも嫌われたくないための試し行動だと思う。
 ・講義中に出て行って先生に何か言われるかどうか。
 ・あまり関わったりしゃべらずに距離をおく。
 ・相手にツッコミをいれる。どのくらいの強さで怒るか試す。
 ・試しにいじってみて、どんなリアクションが返るかを試す。
 ・信頼できる人か試すのは、他人に秘密をばらされないかを試す。本当に信頼できる人なら秘密も言える。
 ・好きな人に本当に自分が好きかを試す。
 ・何気ないことを独り言のように言ってみる。
 ・自分の話をきちんと聞いてくれるかどうかで相手を判断する。
 ・常に相手の行動に敏感になり、勝手に嫌われている、はみっている気分になり、自分から他人と距離をとる。
 ・趣味などがあえば話すきっかけができる。
 ・試し行動って「かけひき」に似ていると思う。
 ・相手を「しかと」してみる。自分が人見知りをするので。
 ・はじめて会った人に自分がどううつるのか、また自分の話を聞いてくれるのか、と思ってされていると思う。
 ・いろんな話をしていてノリがあうと安心、イヤな顔をされると話しにくくなる。
 ・どんな人かわかるまで、自分の意見は言わないようにする。
 ・部活などと違って学校などはその人の興味がわからないので、好きな話をして試す。
 ・授業中に寝てみる。できるだけ楽な授業は手を抜きたいから。
 ・はじめて会う人には警戒してしまう。様子を見て、他人同士の会話やリアクションを見て自分と合うかを決める。
 ・相手の口調や声の大きさなどで明るくて話しやすい人か暗くて話しにくい人かを判断する。
 ・子どもに絵を描いたら、ぐちゃぐちゃにされた時に試されていると思った。
 ・はじめに会話をして、何となくわかってきたら冗談でいじめてみたり、その人の話を聞いたりします。そのことで相手がわかれば良いですが、機嫌を悪くしないようにすべきだと思います。

 Q.なぜ試し行動をするのでしょうか?

 ・仲良くなれるかどうかを判断するためにする。
 ・試してしまうのは好き、キライとかではなくて不安だからする。
 ・外見ではわからない相手の中身を見るためにする。
 ・相手との距離の取り方を計るためにする。
 ・考え方があわなかったりして、傷つけたり変に思われたくないから。
 ・試してしまうのは話をしてひかれたり、この子変なこと言っていると思われたくないから。
 ・人見知りをするので自分から話しかけない。その自分にどんな反応をしてくるかを見てその人と仲良くなれそうか考えている。それはたぶん最初から相手と向き合えないけど、相手のことを知りたい、仲良くなりたい気持ちの表れだと思う。

こうやって見てみると、実に様々な試し行動があります。
施設の子どもや利用者が特別ではなく、誰でもやっているのだということ
その理由も様々なことが考えられます。
ただ言えることは「試している」ということは「あなたに興味がある」ということです。
興味がなければ試すこともしません。
みなさんのでもそうですよね。こうやって一生懸命に演習しているのは興味があるからですよね。
興味なければ演習そのものに参加しないですもんね。
試し行動の対応にマニュアルはありませんが、
ここに書いてあるような気持ちで子どもたちや利用者が試しているということを
頭の片隅に入れて冷静に対応できたらいいですね(ある時は感情的なことも必要かも)。


養護原理 第1回 (聖母短大) [講義・演習]

すっかり遅くなりましたが
非常勤講師で教えている
聖母女学院短期大学のコミュニケーションカードの
コメントをやっていこうと思います。
聖母短大1回生のみなさん
とりあえず半年間よろしく。
初回から結構、実習に行っている学生が多くてビックリしました。
なるだけこの講義は実習に役にたつようにと
考えているので、実習をテーマにした演習を毎回やってもらいます。
今回は基本的なテーマを考えてもらいました。

●演習「なぜ保育士実習に施設実習があるのか」
 ・生活をともにすることでコミュニケーションのとり方を学ぶ
 ・いろんな施設でいろんな人と出会い経験しないと子どものことを深く知ることが出来ない。
 ・保育園にも様々な家庭の事情をもった子どもが通っている。障碍を持っている子ども、虐待を受けている子ども、そのような子どもたちの気持ちや行動を理解す るために施設実習に行く。
 ・相手の気持ちを考え、相手がどうしてこのような行動をしたのかを表面だけを見るのではなくて、内面を見るため。
 ・子どもたちと関係がとれなくても、向き合っていけば子どもたちに気持ちは伝わるし、自分の成長にも関わる大きなことが学べると思う。
 ・施設実習は生活の場に行くので1日の子どもの様子を知ることができる。
 ・子どもと関わるという意味では施設も保育園も同じだと思います。
 ・何が良くて何が悪いことなのかを判断する力を学びに行くことと思う。
 ・障碍者の施設に行くことで障碍のある人の人生を見ることができると思います。
 ・子どもにとっての施設の存在などを感じ取って学ぶため。 
 ・子ども一人ひとりの考えなども少しでも理解していくために実習があると思う。
 ・実習は自分の人生の中の貴重な経験であり、人と人とが関わる中で自分が大切にしていきたいことを見つけだしていきたいです。
 ・正直、なぜ障碍者(大人)の施設に行かないといけないのか疑問に思っています。大事なこととはわかっていますが、難しい問題です。
 ・保育士は「福祉のプロ」だと私は思っています。だから保育所だけの実習では視野が狭くなり「福祉のプロ」とは言えないと思います。
 ・自分の思った保育観も変わるし知識も増えるし、その後の実習でも役に立つと思います。
 ・一部の子どもを教育するのではなく、全ての子どもを理解してあげるのが保育士だと思いました。
 ・福祉の心を学ぶためだと思います。「してあげる」ではなく「させていただく」という気持ちを持ちたいです。どんな人にも生きる権利があり、その権利が侵害されそうならば守らないといけない。そんな福祉の大切なところを学びたいです。
 ・子どもとの関わり方や距離の取り方を学べる機会かなと思います。
 ・子どもの心や伝えたいことを感じるため。自分を磨く、見つめ直すため。
 ・施設実習を通して子どもたちのいろんな表情や感情を見ることができる。この経験が保育士になって子どもの行動を理解するきっかけとして生かされるのではないだろうか。
 ・実習に行くことで「公平・平等・自由」とはどうあるべきなのか深く知ることができると思う。
 ・現場で働く保育士さんを見て自分を成長させることができる。
 ・保育士は「人」と関わる大切な仕事です。施設実習で「人」と出会い、生活することで広い心を持った保育士になることができると思う。

思った以上に「おおっ!」と思う意見が多くありました。
その一方で正直に「なぜ施設実習に行くのか疑問に思う」
という声もちらほら見えたので、
まだまだ疑問に感じている人は
ぜひぜひこれらの意見を参考にまず自分の実習に向かう気持ちを
整理するところからはじめてください。
続いて、幸重の働いていた児童養護施設の話について

●児童養護の現場から「笑う実習生、泣く実習生」を聞いて
 ・試し行動について不安に思っています。
 ・今、もし私が実習で試し行動をされたらイヤだな、辛いななとただ思うだけかもしれませんが、今回の話にあったようにダメなことはダメ、イヤなことはイヤと子どもに伝え、どうして? なぜ? と自分なりの意見を伝える、そして考えることが大切だと思います。
 ・ためし行動はむかついてもやり返してはいけないですよね? どのように対応すればいいのでしょうか?

やはり「ためし行動」への不安が多いみたいですね。
このテーマについての演習は3回目の講義でやるので
その時にみなさん一緒に考えましょう。

●講義への意見、感想など
 ・記録について感想ではなく考察を書くことを意識して頑張りたいです。
 ・「子どもにとっての幸せ」って聞かれると難しいです。笑って過ごせる日々が幸せと思っていましたが、もっと考えていきたいと思いました。
 ・「養護原理」と聞いてもピンとこないし、「養」育して保「護」する。これだけ聞いても堅い言葉だと思います。しかし今日の講義で「子どもの幸せを目的とするサービス」と聞いてなるほどと理解することができました。これから保育者の一員として一人ひとりの子どもの「幸せ」を守ってあげたいと思いました。
 ・自己責任という感じの講義ですね。
 ・養護原理では障碍者のことは学ばないのですか?
 ・映画は静かに見ないとしらけますね。
 ・映画を一緒に見に行った相方って誰のことですか?
 ・演習の時間をもっととってください。時間が足りません。
 ・疲れました。最終講義は疲れます。

「子どもの幸せ(子どもの最善の利益)」について意見をもらってうれしいです。
常にこれが基本になりますからね。
それから指摘の通り「自己責任」が大きい講義です。
映画のエピソードで出てきた相方はもちろん嫁さんのことです。
時間配分にはもっと気をつけようと思っています。
最終講義のクラスは特に疲れていると思いますが
なるだけ単調にならないように工夫していきますね。

それでは次週から内容に入っていきます。
予習項目忘れてないようにね。


琵琶湖でバーベキュー [日記]

久しぶりに夫婦で過ごす週末です。
今日は互いの友人を誘ってバーベキューをやりました。
ちょっと秋の寒さを感じる時期でしたが
おいしいお肉と楽しい時間を過ごせました。
しばらく土日が仕事とかで忙しいので
1日遊べたのは良いリフレッシュになったかな?
(と言いつつも今日も夕方からNPOの会議でしたが)


久しぶりの演劇鑑賞 [日記]

今日は久しぶりに演劇を観に京都へ行きました。
相方と昨日から遊びにきている岡山の友人と3人で。
学生時代から大好きな「劇団パノラマ☆アワー」の
新作で「モンタージュ ~はじまりの記憶~」という作品。
いやぁ、良かったです。帰りの車でも作品の話で盛り上がりました。
やっぱり生のお芝居の良さを再確認しました。
趣味の欄には演劇鑑賞と書いておきながら
最近めっきり観る機会が減りましたが
もっと情報収集していろんな作品を観て
感性に栄養を与えないとね。


養護原理 第3回 [講義・演習]

今回からしばらく各論ということで
6回に渡って児童福祉施設、障碍児施設、障碍者施設を紹介していきます。
1講時目だったのでスタートが遅く
最後ちょっと走ってしまってすみませんでした。

●講義への意見、感想
 ・予習をしていたのでよくわかった
 ・仕方ないですが書くので忙しいです
 ・いろんな施設があること入所の理由がわかって良かった
 ・どうして子どもを虐待するのか、何がそうさせるのかとても気になります
 ・ビデオを見るときは少しでも暗くしてください。見えにくかったです
 ・早くからきて準備をしているのに始めるのが遅いと思います
 ・一度に頭に入らなかったです。やはり予習はしてくるべきだと感じました
 ・現場では少ない職員で子どもを見ないといけないことにビックリした
 ・少ない職員配置についてはおかしいと思います
 ・子どもにとってやはり両親と一緒に生活することは大事なのだと思った
 ・終了時間はきちんと守ってほしい
 ・暑いし狭いし集中できない
 ・大量の遅刻者への対応を何とかしてほしい。結果として授業時間に影響を与えている ・実習は平等といっているけど、平等じゃない! 交通費がいくらかかると思っているのですか!
 ・施設のも目的や特徴がわかって実習指導に役立った

●演習「生活しているところにおじゃまするということ」

Q1-1
 もし、あなたの家に見ず知らずの人がが10日間泊まりにきました。
 どんな人だとうれしいですか?
 一緒にどんなことがしたいですか?

 ・おもしろい人で元気をくれる女の人
 ・いっぱいしゃべってくれる
 ・素敵な女の人はうれしい
 ・優しくて話のあう人
 ・遊んだり話をしてくれる人
 ・格好いい人が来てくれるとうれしいけど、性格が悪かったらイヤ
 ・自分の趣味や気があう人がいい
 ・楽しくて優しい人
 ・明るくて積極的に話しかけてくれる人
 ・何でも話を聞いてくれる人
 ・一緒にスポーツしたりしゃべったりしたい
 ・心が優しい人に来て欲しい
 ・仲良くなれそうな雰囲気をもっている人
 ・優しくて信頼できる人
 ・友だち気分で接することができる人
 ・自分の価値観とあう人
 ・フレンドリーに話しかけてくれる人
 ・自分のことを気にかけてくれる人
 ・ちゃんと自分の枠を作ってくれる人がいい。
 ・マナーをきちんと守る人
 ・自分と性格が似ている人ならうれしい
 ・器のでかい人
 ・困った時に手伝ってくれる人
 ・まわりのことにも気を配れる人
 ・礼儀正しい人
 ・日頃出来ない遊びをしてくれる人
 ・相手に気持ちになって考えてくれる人
 ・一緒に勉強やゲームをしたい
 ・買い物をしたり一緒に料理とかしたい
 ・話をしてお互いのことを知りたい
 ・基本的には自分の生活スペースに人は来て欲しくないです

今回の演習では実習先の子どもたちがどのような気持ちで
実習生を受けていているのか、自分の立場に置き換えて考えてもらいました。
まず最初はどんな人が来たらうれしいか。
たくさんの意見がありましたが、浮かび上がってくる人物は共通ですよね。
 ◎「明るく、元気、笑顔」という人を寄せつける雰囲気
 ◎「礼儀やマナー」などの社会常識を持っている
 ◎「遊び、スポーツ」など一緒に関わってくれる
などがポイントでしょうか。
では逆にこんな人はイヤということにはどんな意見が出ているでしょうか

Q1-2
 逆にどんな人だとイヤですか?
 どんなことをされるとイヤだと思いますか?

 ・おもしろくない人、ノリが悪い人、
 ・ため息をつく人、いじめてくる人
 ・うるさい男の人はイヤ
 ・怖そうな人
 ・変なことを言う人
 ・自分勝手な偉そうな人だと最悪、命令口調とかは絶対にイヤ
 ・怖い人、平等に接してくれない人
 ・タバコを吸っているとイヤだ
 ・一人の世界でいる人はイヤ
 ・無視されるのはイヤ
 ・口が悪い人はイヤ
 ・やる気もなく10日間だけがんばる人はイヤ
 ・顔色をうかがって話しかけられるのはイヤ
 ・嫌そうな態度をとられるとイヤだ
 ・無愛想で悪口を言う人
 ・人の行動に文句を言ってくる人
 ・勝手に部屋に入ってこられるとイヤだと思う
 ・暗くてだるそうにしている人はイヤ
 ・全然話してくれなかったり、何を考えているのかわからない人はイヤ
 ・笑顔のない暗い子はイヤです
 ・こちらの生活リズムを無視する人
 ・態度の悪い人
 ・自分のことをわかろうとしない人
 ・あいさつができない笑顔も少ない人はイヤだ
 ・こちらの気に障ることを言う人はイヤ
 ・ずうずうしい人がイヤ
 ・よく知らないのになれなれしくしてくる人
 ・プライベートにずかずかと入ってくる人
 ・楽をしている人
 ・だらしない人
 ・つまらなそうにしている人
 ・つきまとわれるのはイヤ
 ・八つ当たりをしてきたり気分によって態度が変わる人はイヤ
 ・自己中心的な人
 ・自分のことをいろいろ探ってきたり一方的に話されるとうざい
 ・おもしろくないことを何回も言う人

なかなか辛辣な意見が並んでいます。
先ほどと比較するとやはり逆の意見が並んでいますよね
 ◎「暗い、無愛想、だるそう」などのネガティブな雰囲気
 ◎「プライバシーを守れない」などの常識がない
 ◎「一人でいる、関わってこない」など関わりをもとうとしない
などの実習生は子どもから見るとイヤな実習生になるようです。
さらによく実習先から指摘される自由時間の過ごし方についても
自分の立場になって考えてもらいました。

Q2
 その見ず知らずの人はあなたの家で勉強する時間と自由時間があります。
 自由時間だからと言ってあなたの部屋や敷地内で好き勝手なことをしていたら
 あなたはどう思いますか?
 例:あなたの家族はタバコが嫌いなのに、その人の部屋から臭いや煙が出てくる
   あなたの家族と話す時は大人しいのに、部屋にいる時は大騒ぎをしている
   あなたは携帯電話を持つことができないのに、その人は携帯電話を使っている
あなたは門限や消灯があるのに、自由に出入りしたり、遅くまで起きている
   部屋の前を通ると、あなたや家族、家の悪口を言っているのが聞こえてきた

 ・無神経な人だと思う
 ・すごくイヤ。怒る。次の日からその人と普通に話さない
 ・自分の家にいるかのように振る舞われるとハラがたつ
 ・すごくイヤな思いをする。誰かに愚痴りたくなる
 ・直接は言わないけど、その人に嫌悪感を持ってしまう
 ・注意をする。気楽にしていて欲しいけど人の家でお世話になっているのだから勝手はダメ。
 ・迷惑はかけるのは仕方ないけど自分勝手な迷惑はイヤ
 ・好き勝手されるのはとんでもない。空気をしっかり読んでほしい
 ・常識のなさにあきれてしまいます
 ・その場所のルールを守って自分たちと同じようにしてほしい
 ・そこでのルールを守れない人は迷惑
 ・正直うざいと思う。家の人の悪口を言っていたら文句を言う
 ・最悪やと思う。そんな人と話をしたくなくなる
 ・今すぐ出て行ってほしい気持ちになる
 ・すっごいストレス!
 ・自分が出来ないことをやっていたらズルイと思う。時、場所を考えて行動してほしい
 ・たった10日ぐらいは行動をわきまえて行動して欲しい
 ・自由時間は好きにしたいと思うので特に不満に思いません
 ・自分たちが守っているルールを気にせず破るのは見ていて腹が立つ
 ・タバコを吸われたり散らかされると腹が立つ
 ・そんなことをされたら関わりたくないし近寄りたくもない
 ・早く帰って欲しい。一緒に生活していて居心地が悪い
 ・そんな姿を見ると、その人に悪い印象をもつ
 ・いらっときて嫌いになる
 ・旅館やホテルに泊まっているのと一緒にしないでほしい
 ・近所の目とかも気になる。その人たちのせいで自分たちが悪く言われる
 ・責任をもって行動して欲しい
 ・タバコを吸うのは絶対やめてほしい
 ・来て欲しくて来てもらっているわけでないので嫌な気持ちになる
 ・人間性を疑ってしまう。信用できなくなる
 ・話をしたくなるなる。ひく
 ・自分勝手な行動をされていると反発したくなる
 ・自由時間も同じように関わって欲しい

こちらもかなり手厳しい意見。
しかし残念なことに例にあげたことは
最近の実習で実習先の職員から指摘されたことです。
実習時間は緊張して一生懸命なのですが
意外と自由時間の様子を職員も利用者も見ています。
ゆっくりとリラックスして欲しいですが
自由時間も実習期間であることを常に頭において
行動には気をつけてもらいたいものですね。
「実習は生活スペースに行くのだ!」と言われてもピンとこないものが
こうやって自分の立場に置き換えると
割とイメージがつきやすかったと思います。
どんなことでもそうやって考えるクセをつけておいてくださいね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。