So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの最善の利益を考えた保育 [福祉]

リカレントセミナーのあった翌日に
卒業生から相談がありました。
詳しい内容は書けないのですが
この3月に保育所を卒園した子が
小学校に行っているんだけど
気になっているということでした。
(養護が必要ではないのかという話ですが)
リカレントセミナーでは
わりと、職場の愚痴(労働条件や人間関係)などを
聞くことが多かったので、
こうやって卒園した子どもでも
その子のことを考えて何とかしたいと
感じているその卒業生さんの話に感激していました。
これからも一人でも多くそんな保育士を
送り出したいですね。


リカレントセミナー(同窓会) [福祉]

今年もリカレントセミナーがやってきました。
ハガキは20枚ほどの返信でしたが
結局、児童専攻だけで約50人近い卒業生
短大に帰ってきてくれました。
うちのゼミの卒業生も11名参加。
久しぶりの再会でとてもうれしかったです。
現場でがんばっている話を聞くと
本当にうれしくなってきます。
1日と短い時間でしたが、
みんなも学生時代に戻れたかな?


子どもの文化フォーラム [NPO]

山科醍醐地域の青少年育成に携わる団体が
中心に行ったはじめての企画でしたが、
なかなかの大盛況で初日が終わりました。
伝統芸能の「はねず踊り」にはじまり
中学生の吹奏楽、ユースによるダンス
そして我らがNPO山科醍醐こどものひろばの
まちたんけんチームの発表と楽しい鑑賞活動の第一部。
第二部のパネルディスカッションでは、
ユースサポート部のホープのファービーが
立派に役割をこなしていました。
今回は京都橘大学さんの力をいろいろ借りることができました。
やっぱり大学は地域とつながっていかんとあかんなぁ
としみじみと感じちゃいました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

戸部けいこ『光とともに・・・ 8』秋田書店 [本・コミックス]

2週間ほど前に購入したのですが
実習巡回などに追われやっと先ほど読みました。
今回も光くんをとりまく同級生たちの
いろんなエピソードがあったのですが
やはり元児童養護施設職員としては
沖くんの施設内虐待についてが
考えさせられました。
ちょうど夕方ネットで調べごとをしている時に
施設出身者の方のブログに目を通したことも
考え込んだ一つの要因でもあります。

(以降は少しネタバレ有)
今回のエピソードでは担当保育士からの
内部告発によって施設に立ち入り調査が
入るところで終わってました。
このエピソードを読んで
大学院の修士論文でのインタビュー調査を思い出しました。
児童養護施設を辞めた職員にインタビューする中で
このコミックの保育士と同じように
「ここにずっといたら今に私も何も感じなくなってしまうかもしれない」
と考えて辞めたことを話してました。
けど一番心残りだったのが
「自分は退職すればここを辞められるけど
 子どもたちは自分の意志で施設を退所できないことが辛い」
とも話していたことをなぜか思い出しました。

そんなことを考えると立ち入り調査は入っても
子どもたちの基本的な生活は変わらないので
この問題はコミックスで描かれないこれからが
勝負になるのでしょうね。

光とともに… (8)

光とともに… (8)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

スクールソーシャルワーカーのアイデンティティ [福祉]

日曜日、久しぶりに関西SSW(スクールソーシャルワーク)研究会に参加してきました。
大阪でスクールソーシャルワーカーが配置されたわけですが、
3ヶ月たっていろいろ課題が見えてきたみたいです。
いろいろ課題がある中で、スクールソーシャルワーカーが
何をする人なのかをどう考え、作り出すかが悩みどころみたい。

幸重は風変わりなスクールカウンセラーだと思っているので
(実際、数少ない臨床心理士でないSCですし)
自分の動きがカウンセラー的でなくソーシャルワーク的に
考え、動くことについて周りから理解されにくいことは
仕方ないなと思って仕事をしています。
しかし制度(SC制度)はできあがったものに乗っているので
その制度そのものを作っていくことに労力をかける必要はありません。
しかし制度ができあがってないスクールソーシャルワーカーは
制度づくりをしながら仕事をこなしていねばならないので
その大変さは半端でないだろうなと感じてます。

関西SSW研究会でも今年は養成プログラムづくりを
意識した勉強会を重ねているわけですし
大阪のスクールソーシャルワーカーの苦労を
そこに生かせたらいいなと思っています。


verb『遺書 5人の若者が残した最期の言葉』幻冬舎 [本・コミックス]

出張の帰りにふらっと本屋に寄ると
以前、ネットで買い損なった本が文庫本
出ているではありませんか!
さっそく購入。大阪-野洲の1時間で
最後まで読んでしまいました。
5人の若者の遺書と自殺の背景の取材ということで
電車の中でウルウルしながら読んました。

5人の話の中で、学校が関わる話も
何件かあって、自分のスクールカウンセラーとしての
関わりがあれでいいのかと不安になってきました。
割と見守り中心に対応していますが
実は危機介入のタイミングを見損なっているのでは
ないだろうかと考えると何が正しいのか
わからなくなってしまいました。

遺書―5人の若者が残した最期の言葉

遺書―5人の若者が残した最期の言葉


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

聖母の平松先生にお会いする [日記]

今日は保育士養成協議会の会議で
大阪芸術短期大学まで行って来ました。
そのこととは別にこの実習期間中に
後期の「養護原理」で実習指導的内容を
盛り込みたいと思っていて
聖母で施設実習を担当している平松先生と
お話したいなと思っていたのですが
今日たまたま座ったお隣が先生で
ちょっとビックリしました。
このホームページ(ブログ)も見たことが
あるそうで、意外なところで
見られているのねんと改めて驚きました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

非常勤講師の先生たちと語る日々 [日記]

今日は昼休みに保育内容総論の藤井先生と
先生の保育所でお世話になっている
実習生の話と授業の工夫について盛り上がり
4限目が終わって体育館前を掃除していた
石井先生と学生たちの様子について話をしました。
ホントにいい非常勤の先生に支えられて
保育士養成をしているなと感じます。
しかし体育館を最後に使ったグループ!
先生に片付けをさせる前に自主的に
ゴミやスリッパを片付けるマナーはないといかんよ。
そういうことが保育現場で問われるよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

社会福祉援助技術演習A(1回生) 第4回 [講義・演習]

「自己覚知」のテーマも今回でいよいよ最後です。
今回は、心理に注目してみようということで
コラージュを作成し、それをグループワークでほめあうワークをしました。
コラージュづくりに熱が入りすぎて全体的には考察が浅かったかな
と思いますが、おもしろかった考察は以下の通りです。

●コラージュ作品からの考察
 ・その人の好みやセンスを知ることができた
 ・同じように雑誌を使って作っているのにそれぞれ違う作品ができた
 ・ただ紙を切ればいいだけなのに、いろいろ考えこんど手が止まってしまった
 ・作っているうちにこだわりもできた
 ・作品からその人の性格が伝わってきた
 ・何かを作る作業は頭にとっていい運動になると思った
 ・他の人の作品をよく見ると「好きなもの」がわかってくる気がした
 ・かわいいものが好きな人はキャラクターものをよく使っていた
 ・計画的に作らないとうまく作れないように思えた
 ・人に見られるからいいものを作ろうと思ってしまう
 ・男の子と女の子で作品に違いが出ていたように思う
 ・作品をストーリーにしたりしていろんなやり方があるなと思った
 ・切り取るものの色や大きさを気にしながら切っていた
 ・自分のテーマが統一性がないことに気がついた
 ・うまく作れなかったと思ったけど出来た作品はそれなりに満足した
 ・みんな違う作品だからこそ良さもあるしインパクトもある
 ・自分の好きなものを集めてはりつけることがとても楽しいことだった
 ・自分の好きなものがいっぱいあって統一性のないものになってしまった
 ・切り方一つでもその人らしさが出ていた

●コラージュ作品を見せ合う中での考察
 ・自分の作品のいいところを他の人にほめられてとてもうれしかった。子どものこんな風に感じるのだと思い、人のいいところを見つけることの大事さを知った
 ・文字を切り抜いて、作品の中でコミュニケーションをしている感じだった
 ・人にほめられるのはいいことだと思った。これから自分もみんなをほめていきたい。
 ・作っている時に子ども時代に戻った気がした
 ・作品を通してその人の世界観がみられた
 ・人のいいところを探す時、いろいろな角度から見ていいところをいっぱい探したい
 ・自分の感じていることと他人の感じていることの違いに驚いた
 ・この作品はこの世で一つだと思い、自分自身と同じだと思った
 ・他人の意見を聞くことで自分の作った作品の別の良さに気がついた
 ・やっぱり自分の作品が一番だと感じた
 ・字がなくても伝わるものがあることに気がついた

コラージュで作った作品は自分自身の気持ちを投影している部分が多くあります。
ですから、そこから見えてくるものもありますし、
作品をほめることやそこでの気づきは自分自身に戻ってくるものです。
あとみなさんの考察の中にもありますが、実は人間は言葉に頼らなくても
このようにコミュニケーションをしていくことができるわけです。
こ乳幼児と関わる時や知的障碍などで言語を獲得していない
人と関わる時の大きなヒントをもらったと思います。

これで3回に渡って行った「自己覚知」は終了です。
教科書をしっかりと復習してまとめておいてくださいね。
次回から同じく3回に渡って「価値観」についてかんがえていきますね。

※2回生の意見はこちら


保育所実習 [福祉]

今週から2回生の保育所実習がスタートしました。
さっそくいろいろあったりもするのですが
実習前に言っていた
「1.まず楽しいことを見つける」
「2.失敗をおそれずやってみる」
「3.実習を通して自分をみつめなおす」
の3つが実践できているでしょうか?
特に最初の1が見つけられないとしんどいですよね。
実習巡回指導の時に笑顔でがんばっている姿を期待しています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。